検索
  • 櫻木友紀

【2020年活動実績(2020.1.1-12.31)】

2020年も終わりが近づいてきました。ここで、1年を振り返ってみました。


\活動実績詳細はこちら/ https://www.naturalstep-sakuragi.com/jisseki-2020


コロナにより、春以降、研修講師の仕事がみるみるうちに減りました。

先の見通しが怪しいと感じ、急遽新たな仕事を展開しました。

これが結果的に私の活動を広げてくれたり、新たな視点を持たせてくれたなと感じました。



<大学のキャリアアドバイザー>

コロナの影響を感じ始めた頃、タイミング良く就活繁忙期限定の大学のキャリアアドバイザーの話を頂きました。

キャリコン仲間から常々「大学キャリコンを経験しておくと良いよ」と言われており、経験として関わるにはピッタリ!まさに、渡りに船でした。


大学出勤3日目ですべてがコロナによりオンライン面談に切り替わり、前例のない就活に、大混乱でした。

結果的に、今時の大学生の様子、コロナの影響、採用方法の変化、企業の姿勢、知らなかった企業の数々に触れる等、学びが多い時間でした。


 

<海外展開>

サンフランシスコの話題のスタートアップ企業、Modern Healthからお誘いを受け、英語と日本語のコーチとして登録しました。

Dropbox、Udemy、Slack、Mintel、Netflix、Intel、楽天等々の企業が福利厚生の一環として社員にコーチングチケットを提供するのですが、それを全世界で一手に引き受けているのがModern Health。セラピスト等とも連携しており、メンタルヘルスを支える非常に画期的なサービスを提供している会社です。


登録から日々の業務まで、もちろんすべて英語。オンラインでのオンボーディングの方法など、先を行く企業の手法を体感しました。

また、国内外の日本人だけでなく、現地の方からも普通に(?)ご依頼を受けたことはとても新鮮な経験でした。英語のコーチングを提供する良い機会となりました。


さらに、このコロナでさらに海外とのハードルが下がり、LinkedInを使って色々な国の方々と出会い、お話することが出来ました。

1日の午前中は米国西海岸、日中は日本、夕方に欧州の方と話す、等をしていると、ドラえもんのどこでもドアのようだなとしみじみ感じました。


シンガポール等、他国からの仕事の話も頂くこともあり、今後、海外関係の仕事を増やしたいなと思っています。


<コーチング/メンタリング/キャリアセッション>

今年も継続はもちろん、新規に沢山のご依頼を頂きました。

ホームページ等を見て申し込むのはハードルがあったことでしょう。

それを越えてご依頼を下さった方々に、毎回本当にそれだけで大きな一歩!と思います。


昨年まではほぼ100%女性のクライアントさんでしたが、今年は男女共に多くの方にご依頼を頂きました。

特に、管理職の方、グローバル企業に勤めていたり、海外在住の方から複数ご依頼を頂きました。時には英語が混じったり、海外特有の状況の話があったり。

「やっと状況を理解して、同じ感覚で話せる人に出会えた!」と言っていただけたことはとても嬉しかったです。


また、他にも印象的だったのは、数年前にお会いした方や、リピートのご依頼を受けたり、契約が終わった方から「こんなことがあって、すごく嬉しかったのでゆきさんに伝えたくて」とわざわざご連絡をくださったこと。


それぞれが希望する道に一歩踏み出すお手伝いが出来たなら、幸せだなと思いました。


=============


今年はコロナだけでなく、個人的にも息子の大学進学、一人暮らし開始等、プライベートでも変化があった年でした。


そんな中で、目標達成まではいきませんでしたが、忙しくご依頼を受け、収益上も増やした結果となったことは自分を褒めたいなと思いました。


来年はもっと企業に密着した仕事を展開したいなと思っています。


============= 企業内面談各種、研修のご依頼等がありましたら、 ホームページ内の「お問い合わせ」のボタンからどうぞお願い致します。 来年もどうぞよろしくお願いします。