検索
  • 櫻木友紀

中途社員の活躍の秘訣は最初の半年にあり!

先日、ある企業さんで、『中途入社の方向けのオンボーディングのコツ』、のセミナーを行いました。


中途入社のオンボーディングは、新卒よりもコツが必要です。 社会人のベースは最初に入社した会社の影響が大きいだけに、最初の会社と現職の会社の「社内常識の差」の大きさ等も影響します。



よく例としてお伝えするのが、自社がオレンジ色だったとして、白(新卒)をオレンジ色にすることは簡単ですが、青色に染まった人(中途)をオレンジ色にするのは難しい、みたいな。 しかも、青色が感じる視点も残したいので、染めすぎも宜しくなく、その匙加減が難しい。



色々な企業から1 on 1を委託されたり、社外コーチとして接していると、第三者ゆえの安心感もあって、中途採用の方がふつふつとした想いや不安、色んな感情を話してくれます。これらを聞くと、本人たちの背中を押すと同時に、受け入れ側も知っておいた方が良いなと思うことが多々あります。


特にこのリモート勤務。

受け入れ側は「何かあれば言ってくださいね」だけではなく、積極的なコミュニケーション、ネットワークや実績作りの支援等が大切と思います。

最初にしっかりとした時間を取ること、1 on 1の時間を確保すること、そこでしっかりと話を聴くこと、TeachingとCoachingを使い分けること、等々。


中途採用の方は、早く即戦力になってほしい。 だからこそ、手間かもだけど、最初が肝心。


全部社内でどうにかしようと思わずに、社外リソースも上手く使う会社が増えると良いなぁ。と、しみじみ。



今回は少人数だっただけに、オンボーディング以外にも組織の話、人材育成の話等、良い意味で横に逸れた話も沢山できました。

対面の良さってやっぱりあるよなぁ・・・と久々に配布してみた手書きのアンケートの文字を見て思いました。


本内容にご興味のある方、どうぞお気軽にお問合せください。